家事代行にはどんな種類があるの?

“男女平等といいながら、家事の負担はやはり女性に多くなる場合があります。
男性も仕事がありますが、女性も同じように仕事をしています。
家事の分担や、育児など仕事をしているとできない用事も数多くあります。
そして、最近はこれに介護という問題が出てきています。
出来ない事は、家事代行にお願いすることも一つの考えかたです。
全てを、こなしていると体だけでなく精神的にも疲れてしまいます。
家事代行が、する種類には多くのものがあります。
家事代行で、一番依頼が多いのが定期的に部屋などの掃除をしてもらうことです。
他にも一般的な、洗濯や料理も当然します。
そして、働く女性にうれしいのが子供の保育園の送迎を代理でしてくれることです。
時間が決まっているので、少し仕事で遅れると慌てることがあるこの送迎サービスは人気があります。
そして、その後は子供と一緒にお留守番をしながら夕食も食べさせてくれます。
子供が一人で、お留守番をしなくていいのが安心できます。
これなら、急な残業が出来ても安心して働くことができます。
このように、ほとんどの家事を依頼することができます。
一度、利用をしてお試ししたい人にもお試し価格のものがあります。
今の時代は、時間もお金を出せば作ることができます。
そして、大切な子供はお金を出してでも安全を確保していないといけない状況になっています。
毎日ではなく、決められた日だけに行くことも可能です。
利用したい時だけ、賢く活用するのが今の家事代行の仕事です。

初めて家事代行を頼む際の流れ

“家事代行サービスを初めて頼む場合の利用の流れを順に述べていくと、まず家事代行サービス業者に問い合わせて、家事代行をして欲しい旨を業者へ伝え、その後に打ち合わせを行う日時を決めます。業者は申込者が希望した日時に自宅へ訪問してくるので、業者側の担当者から説明を受けたり、希望する家事代行の内容や作業時に特にやって欲しいことなどを伝えたりしながら、具体的な作業内容と実施日時を決めていきます。作業内容と実施日時が決定すると、すみやかに見積もりが行われます。そして、この見積もりに申込者が同意すれば正式な依頼となります。初めて家事の代行を依頼する人は、業者の訪問時にサービス内容や料金などについて詳しい説明を受けるようにしましょう。
ヒヤリング時に決めた実施日時がくると、自宅に家事の代行作業を行うスタッフがやってきて、実際に作業が行われます。スタッフによる作業が終わった後は、依頼者が作業の仕上がりなどをチェックします。もし、仕上がりが不十分である場合は、作業をやり直してもらうことができます。依頼者が仕上がりが十分と判断すれば作業が終了で、あとは指定された日までに料金を支払うだけです。料金の支払いは現金やクレジットカードのほか、業者によってはコンビニ決済も利用できる場合があります。
家事代行サービス業者では、初めて頼む人専用のプランを用意しているところが多いです。もし、業者のサービス内容について不安な点があるのなら、このプランを選んで作業の様子を見てから、本格的に利用し始めるかを決めるのも良い方法です。”

働く妻の助っ人に家事代行

高度経済成長期、ちょうど今の団塊の世代の両親がその主力となっていた時代は、社会の中で忙しく働く夫たちを、家庭の中では、専業主婦たちが家事全般を担当することで、しっかりと守っていたというのが、典型的なサラリーマン家庭でした。その頃でも働く女性たちはいましたが、男性と同等に働いている女性は、特殊な専門的な仕事をしている人以外、それほど多くはなかったのです。一方現代では、どんな形にしろ、働く妻という存在はもう既に珍しくはなくなっています。それに伴い、特にここ数年の間に目立ってきたのが、家事代行サービスでしょう。家庭内の炊事や買い物、掃除や洗濯は、従来なら専業主婦がするものであるというのが一般的な考え方でした。そんな中、経済的に余裕のある一部の家庭では、住み込みを含め、お手伝いさんを雇っている人もいましたが、家事代行は、何も前日一つの家庭の家事全般を引き受けるのではなく、依頼された部分に関してだけのサービスを提供するものです。したがってこれまでのお手伝いさんのイメージとは違い、時間制、或は引き受ける分野を選択できるなど、いわゆるハウスクリーニングに似たビジネスとなっています。そのため一人暮らしの高齢者、或は単身赴任中の男性など、家事に時間を掛けられない人々にとって、家事代行サービスは、日常生活の心強い助っ人となっています。のみならず一般的な家庭主婦にとっても、何らかの用事で家事が出来ない時に利用できるサービスとしても重宝されています。